« 保護者の声 | トップページ | タイムアウト(2) »

タイムアウト

 チームを指導者として試合の采配をすると,絶対に必要になることが『タイムアウト』です。『タイムアウトをどのような場面で取るか』ということは,ある意味で「永遠の課題」といえます。特に小・中学校のチームでは試合後の反省会等で必ずと言っていいほど話題となります。今回は『タイムアウト』というテーマで進めていきたいと思います。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 指導者としてチームを持っている方々と話をしていると,「タイムアウトの取り方」がしばしば話題になります。「試合後に保護者からタイムアウトについて言われた・・・」という悩みを持っている人は多いようです。
 バスケットボールの指導書等には,「タイムアウトの目的」と「どのような場面で取るか」という内容が書かれています。しかし,保護者をはじめとする,観戦していた人から言われること「(敵の得点の)もう一本前でタイムアウトだったな」とか「もう一本様子を見れば良かったな」など,『試合全体を見た後の結果論』として話されますので,言われる方にしてみれば「グサッ」とくるものばかりです。その話題から「指導者」が激怒し,「保護者」との関係が悪化しているチームもあるようです。

 チームにとって「ベストのタイムアウト(考え方はいろいろあると思いますが)」を取るための工夫を次回から考えていきましょう。

→バスケのブログが沢山あります!

|

« 保護者の声 | トップページ | タイムアウト(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196069/5341595

この記事へのトラックバック一覧です: タイムアウト:

« 保護者の声 | トップページ | タイムアウト(2) »