« フットワーク(6) | トップページ | ブログで障害発生 »

大会の裏側(5)

 今日はひと休みして「大会運営の裏側」というテーマです。このテーマに関しては,連続の話題にはしません。「ひと休み的要素」を強くしておきます。

 国体やインターハイの開催が決まると,体育館(いわゆる箱物)建設等の動きが活発になります。設備が豊富な大都市部ではない地方では一攫千金のチャンスとばかりに様々な業種の活動が活発になります。

 しかし,予算は潤沢にあるはずがありません。結構削りやすい予算が「設計に関する部分」(←私も聞いた話です)らしく,下手な設計士(体育館の設備をフルに生かす方法の知らない設計士)に頼むと,非常に使い勝手の悪い体育館が完成するのです。これらの体育館は,実際に大会を運営してみるまで欠陥に気がつかない場合があります。
 私が今までで一番使用しにくかった体育館は,「休む場所がない体育館」です。国体やインターハイで地方の町村に行くとほとんどそうでした。他用途に使用できる部屋が4つくらいあると,かなり便利です。体育館を設計する段階で「このように使える部屋を4つ欲しい」という要望をせず,すべて設計士に丸投げしてしまった結果なのかもしれませんね!  

→バスケのブログが沢山あります!

|

« フットワーク(6) | トップページ | ブログで障害発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196069/5498415

この記事へのトラックバック一覧です: 大会の裏側(5):

« フットワーク(6) | トップページ | ブログで障害発生 »