« 小・中学校の部活運営(4) | トップページ | 大会運営の裏側(2) »

小・中学校の部活運営(5)

 「小・中学校の部活運営」というテーマで進めて来ましたが,今回でこのテーマは終わりとします。また機会があれば,運営に関わるテーマを取り上げたいと思います。「バスケットボールの指導書」は書店にあふれているのに,「バスケットボール部の運営指導書」は目にしたことがありません。そんな部分に言及してきましたのでよろしければ,これまでのの分(1)~(4)もお読みになって下さい。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 「小・中学生」,「高校生」,「大学生」は『学業』をおろそかにしてはいけません。指導者はそのことに『最大限の配慮』が必要です。学業に配慮できない指導者は『教育者として失格』です。勉強に対する好き嫌いはあると思いますが,勉強の重要性を教えなければなりません

 小・中学校の場合は,社会的にも学校や学力への関心が高まっていますので,「バスケットだけ頑張っていれば良い」というわけにいきません。まれに,「勉強はしなくていいからバスケットを頑張れ」という保護者がいますが,子どもたち・保護者の和が乱れる原因となっている場合が多いようです。バランス感覚が欠如した保護者は指導者にとって悩みの種です。何らかの話し合いは必要となるはずです。

 高校・大学でも同じです。選手の学業に無関心な指導者は「教育者失格」です。もちろん,小・中学生よりは大人ですので『自己責任』の割合が大きいと言えますが,なんの配慮もないのは,「人生の先輩として尊敬できる人」ではありません。

 「勉強」と「部活動」で大変な選手達を,我々大人が「人生の先輩」として,温かい目で見守りながら叱咤激励し育てていかなければなりません。

 余談となりますが,『生徒会活動』とのからみも中学生は問題になります。このことは,後でテーマとして取り上げるつもりですが,「勉強」「部活動」「生徒会活動」と重なってしまった中学生は,大変な苦労・苦痛を強いられています。ここにも配慮が必要となりますね。

 

 →バスケのブログがたくさんあります!

|

« 小・中学校の部活運営(4) | トップページ | 大会運営の裏側(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196069/5204423

この記事へのトラックバック一覧です: 小・中学校の部活運営(5):

« 小・中学校の部活運営(4) | トップページ | 大会運営の裏側(2) »