« フットワーク(2) | トップページ | フットワーク(4) »

フットワーク(3)

 バスケットボール部の練習につきものの『フットワーク』に着目して進めます。ほとんどのチームが練習の前半部分に「フットワーク」を取り入れていると思いますが,どのような注意が考えられるでしょうか?よろしければ前回・前々回の分もお読み下さい。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。


 強い高校が練習の1時間をフットワークに費やしていたのを見て,「強くなるにはこれが必要なのだ」とばかりに,そっくりまねすることは,大きな間違いだと話しました。

 前回はミニバスや中学校からバスケットを始めるようなレベルのチームでは,高校生が行うような多種目のフットワークは必要ないと思う理由の一つ目を紹介しました。今回はその二つ目なのですが,(2)短い練習時間なので,もっと時間をかけたい重要なものがあるというものです。例えば,「ピボット」や「フォーム」であったり,「パスワーク」であったりです。また,練習時間が長くなると,学習時間と休養時間に響いてしまいます

 よい指導者が教えたチームはすぐに分かります。選手たちのシュートフォームやピボットの姿勢が正しく,そして似ています。「フットワーク」に力を注いでも「同じフォームの走り方」になることはないし,同じように体力がつくとは考えにくいものです。しかし,技術に関しては,かなりの部分で似てきます。高校生の女子で「パッと目につく女子選手」は『きれいなフォーム(シュートでもパスでも・・・)』の選手です(←注意:私の観点では)。プログラム等で過去を調べると「なるほど・・・。あの中学校か・・・」とか,「あの人から習ったか・・・」という感じです。女子選手の選手生命を少しでも長くするためには,正しい技術を,できるだけ早い段階で身につけさせることが重要だと思います(←もちろん男子もです)。体力,脚力はいつでも鍛えられる・・・というのが私の考えです。小学校は特に技術を身につける黄金期ですから,時間を大事にしたいものです。(・・・フットワークがすべて必要ではないという考えではございません。)

 次回は,私の考え(3)についてです。

→バスケのブログが沢山あります!

|

« フットワーク(2) | トップページ | フットワーク(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196069/5447332

この記事へのトラックバック一覧です: フットワーク(3):

« フットワーク(2) | トップページ | フットワーク(4) »