« 女子のワンハンドシュート(7) | トップページ | 女子のワンハンドシュート(9) »

女子のワンハンドシュート(8)

 女子はツーハンド・・・男子はワンハンド・・・この「イメージ」や「常識(もはや間違いと言えますが)」は誰が作ったのでしょうか。これにとらわれると,女子選手は大変損をします

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。


 ワンハンドシュート初心者に私が教えることを少し紹介します。始めは「きき腕」だけをつかいます。
(ゼロ)きき手でボールを持ち(手に乗せ),胸の前に構える。
(1)きき手で床面にドリブル→もと高さまでボールが跳ね返る力で・・・。
(2)きき手にボールを乗せる
(3)「ワンハンドシュートの構え」まで利き腕だけでボールをリフトアップしてセット。
(4)真上にシュート。

 これをリズム良く行わせます。苦手な子は(2)から(3)に行ったときに,ボールがセットできずぐらついて,うまく(4)に行かない場合が多いようです。指導者が「いち,に,さん,し」と数えても,タイマーのリズム機能を使っても良いと思います。一定のタイミング,リズムでできるように繰り返させます。3~4人一組で一人ずつ順番にやるのも良い方法です。この練習に1日10分くらいかけると2~3習慣くらいでどの子も(3)(4)のタイミングでの感覚を身に付けるようになります。朝練等,制服のままでもできるくらいの運動です。ここまでできるようになったら,リングの近くからリングをねらうようにさせます。

→バスケのブログが沢山あります!

|

« 女子のワンハンドシュート(7) | トップページ | 女子のワンハンドシュート(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196069/5614333

この記事へのトラックバック一覧です: 女子のワンハンドシュート(8):

« 女子のワンハンドシュート(7) | トップページ | 女子のワンハンドシュート(9) »