« 大会の裏側(6) | トップページ | バスケットボールを教える(4) »

バスケットボールを教える(3)

 毎日練習している部員たち・・・リングの高さは知っているでしょうか?・・・3Pラインはリングからどれくらいの距離なのか知っているでしょうか?・・・これらを知らなくてもバスケットボールはできます。しかし,知っていた方が『よりよいバスケットボール選手』になれるはずです。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。


 バスケ好きの部員(子ども)に,バスケットと関連させて勉強を教えたことがあります。

 バスケットボールはアメリカで生まれました。この時,日本は何時代でしょうか?・・・正解は明治時代です。バスケットが生まれたのは1890年代です。日本は「これから日清戦争だ!!」という頃なのです。「日清戦争は1894年!バスケはそのちょっと前に生まれたんだからバスケ部は忘れるなよ!!」と言ったら,ほとんどの部員が覚えていました。しかも,1894年の日清戦争。1904年の日露戦争。1914年の第一次世界大戦・・・と,10年おきに戦争が起きます。『バスケットボール誕生直後の1894年に日清戦争』を覚えておくだけで,第一次世界大戦まで覚えることができます。部員からは大変重宝がられていました。

 →バスケのブログが沢山あります!

|

« 大会の裏側(6) | トップページ | バスケットボールを教える(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大会の裏側(6) | トップページ | バスケットボールを教える(4) »