« バスケットボールを教える(3) | トップページ | バスケットボールを教える(5) »

バスケットボールを教える(4)

 毎日練習している部員たち・・・リングの高さは知っているでしょうか?・・・3Pラインはリングからどれくらいの距離なのか知っているでしょうか?・・・これらを知らなくてもバスケットボールはできます。しかし,知っていた方が『よりよいバスケットボール選手』になれるはずです。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。


 バスケ好きの女子部員に,「バスケットボールが本当に好きなら,男になったつもりでやらないと・・・」と話したことがあります。

 バスケットボールはアメリカで生まれました。もともとは,「アメリカンフットボールの冬期間の練習用に考案された」と言われています。したがって,「もともとは男のスポーツである」,「ウインタースポーツである」という2点は子どもたちに教えておきたいことです。
 女の子たちも不思議なもので「男になったつもりでやれ!」というと,「彼女たちなりの男らしさ(笑)」を表現しようとしてプレイしますが,『これまでとまったく違うプレイ』ができるようになった子を何人も見ました。イメージや気持ちの問題なのですが,「男になったつもりでやれ!」という言葉は,刺激になる言葉なのだと感じています。

 →バスケのブログが沢山あります!

|

« バスケットボールを教える(3) | トップページ | バスケットボールを教える(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスケットボールを教える(3) | トップページ | バスケットボールを教える(5) »