« リバンドが取れない④ | トップページ | ミニバスでの指導内容② »

ミニバスでの指導内容

 中学校で指導している側から見ると,「ミニバスで何を指導されたか」ということはバスケット選手として成長させていく上で大きな鍵になります。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 以前勤めていた中学校はミニバス経験は「ほぼゼロ」でした。しかし3年生になると,どの子も3Pシュートはガバガバ入るし,声も良く出るチームになります。毎年のようにいいチームになっていたと思います。一方,ミニバスで県大会上位に位置していたメンバーがごっそり入ってくる学校(男子ですが)では,3年生になっても3Pの届く選手が1~2人で,声が全く出ないチームがあります。指導者側があれこれ手を尽くしても,全く声を出さず・・・なんのコミュニケーションもないままバスケットをしています。入部したときからその状態・・・もっと言うと「小学校から全くの無言に近い状態」であるそうなのです。
 全く楽しそうには見えないし,シュートフォームもめちゃくちゃに近い状態・・・。シュートフォームに関しては,修正・矯正ができない状態に近いでしょう・・・。

 この子たちがどのような指導を受けてきたのかを推測し,少なくとも私たちは「悲劇を繰り返さない」と心に誓い指導に当たりたいと思います。
 

 →バスケのブログが沢山あります。

|

« リバンドが取れない④ | トップページ | ミニバスでの指導内容② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リバンドが取れない④ | トップページ | ミニバスでの指導内容② »