« 伝統的に強いチームの特徴⑤ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑦ »

伝統的に強いチームの特徴⑥

 「伝統的に強いチーム」は,もはや公立中学校に無くなって来ているといえます。伝統を維持するためには,『ある程度のレベルの選手が毎年続けて入部してくること』と『指導者が長年にわたり所属できること』が鍵になります。この条件が整う公立中学校はかなり限られてしまいます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 今回は,伝統校の少々マイナスな面かもしれません。
 伝統的に強いチームには「ゲームスタイル」があります。例えば「ゾーンプレスから速攻のチーム」というものです。そのゲームスタイルで数々の栄冠を手にしてきたことでしょう。しかし,このような「プレイスタイル」に固執するあまりに勝てなくなってきているチームが現実としては多いと思います。これに関しては,中学校も高校もそのように感じます。ミニバスは,上手くプレスをかければかなり高い確率で上位に入賞するでしょう。しかし,中学校と高校ではそのようには行きません

 これまでのように『毎年同じプレイスタイルで勝つ』ということが伝統であるのであれば,それなりの能力がある選手を集めなければ不可能です。公立中学校(大都市では一部可能な所もあるでしょうが・・・)では不可能に近いと言えます。『プレイスタイルは年々変わる(選手に合わせている)が,勝ち続けている』ということが『本当の伝統』として求められるのではないでしょうか。



 →バスケのブログが沢山あります。

|

« 伝統的に強いチームの特徴⑤ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統的に強いチームの特徴⑤ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑦ »