« ミニバスでの指導内容② | トップページ | ミニバスでの指導内容④ »

ミニバスでの指導内容③

 中学校で指導している側から見ると,「ミニバスで何を指導されたか」ということはバスケット選手として成長させていく上で大きな鍵になります。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 男子では,ミニバスのときに無理なワンハンドシュートを続けて,おかしなフォームで固まってしまった選手を多く目にします。女子はツーハンドなので3Pシュートのフォームに影響は少ないのですが,男子の場合3Pシュートに関しては大きな影響があります。中学校に来てから矯正しようにもなかなか矯正できません。

 声を出すことに関しても,シュートに関しても成長する芽をつみ取ってしまうような指導者が実際にいるので要注意です。見極めるためには一度練習を見に行くと良いでしょう・・・。

 ミニバスの場合,「プレスチーム速攻型」を作ると勝率が上がります。したがって,速攻の練習に異様に多く時間を費やしていたり,フットワークに異様に時間を費やしたりしていては,シュートフォームの指導時間はありませんシュートに関しては個人まかせ・・・できない人は努力しなかった人・・・と,指導の欠点を選手に転嫁してしまっている場合があります。シュートフォームに関しては,指導者任せにしないほうがよい場合がありますね!

 →バスケのブログが沢山あります。

|

« ミニバスでの指導内容② | トップページ | ミニバスでの指導内容④ »

コメント

シュートフォームと言うものは、私的には個人差が有っても良いものだと思っております。
ただ、シュートフォームの基本と力の入れ方は、指導をしていますがね・・・
身体の造りや、筋肉の付き具合、間接の柔らかさ等・・・人それぞれだと思います。
NBA、何かでもシュートフォームって、個性が出ていますよね!
シュートフォームは、手だけじゃなく膝の曲げ方を変えるだけでも、かなり綺麗に見えますよ!

投稿: ゆー吉 | 2007年4月16日 (月) 22時23分

 私も同感です。
 ここでは,シュートのアーチがかからないフォームや,うつ瞬間に頭が後ろに倒れるシュート・・・フォームが大きくゆっくり過ぎて実際の場面では撃てない・・・などをさしております。
 膝は,本当に大事ですね!

投稿: 問悶 | 2007年4月17日 (火) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニバスでの指導内容② | トップページ | ミニバスでの指導内容④ »