« 伝統的に強いチームの特徴④ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑥ »

伝統的に強いチームの特徴⑤

 「伝統的に強いチーム」は,もはや公立中学校に無くなって来ているといえます。伝統を維持するためには,『ある程度のレベルの選手が毎年続けて入部してくること』と『指導者が長年にわたり所属できること』が鍵になります。この条件が整う公立中学校はかなり限られてしまいます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 伝統的に強いチームは「声が出る」と感じています。「声が出る」という事に関しては二つの側面があるとおもいます。ひとつは「出さなければいけない」という『外圧的動機』による声と,もう一つは『内発的動機』による声です。とにかく,声が出ていることに変わりはありません。

 しかし,指導している側から見ると『内発的動機』による声が出ている状況を作り出していれば,コーチとしては一流と言えるのではないでしょうか?声を出す・・・というよりは『声が出てしまっている』状態です。・・・このような選手が『真のバスケットボールプレイヤー』ですね!



 →バスケのブログが沢山あります。

|

« 伝統的に強いチームの特徴④ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統的に強いチームの特徴④ | トップページ | 伝統的に強いチームの特徴⑥ »