« 夏休みの練習⑤ | トップページ | 秋田国体企画:審判とバスケットボール(2) »

秋田国体企画:審判とバスケットボール(1)

宮武

 秋田わか杉国体が終わりました。当ブログ管理人の問悶は少年男子の試合を初日から最終日まで見ました。国体を見て感じたことをアップしてまいります。応援よろしくお願いします。

 バスケットボールに審判員は欠かせない存在です。全国レベルの舞台である国体で見た審判の方々に対する思いをいくつか紹介します。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 1回戦から決勝まで,能代市総合体育館で行われた試合は,ほぼすべて観戦する機会に恵まれました。地元の秋田が優勝で劇的なフィナーレを飾りましたが,バスケットボールファンとして気になることがありました。

 決勝に残った両チームに,ユニホームの着こなしがだらしない選手がいたのです。技術的には申し分ない(U18の日本代表?)二人なのですが,多くの小中学生が見ている試合なので,しっかりとした着こなしで力を発揮してもらいたいと感じていました。2回戦から今大会に登場した両チームですが,私の見ている限り両チームのスタッフは誰も注意・指導をしていませんでした。もしかしたら,いつも指導しても聞き入れない選手なのか・・・またはあきらめているのか・・・色々なことが頭をよぎりました。

 このような時,私は大人として,バスケットボール人として・・・自分がその選手に関係する人間であればどうしただろう・・・ということを考えさせられた場面でした。

 しかし,答えはすぐに出ました・・・。

 一人の審判が,彼らに注意している場面をこの目で見たのです。この審判員が行った選手への注意・指導に大変感動しました。もしかしたら,バスケットに関わる私にとって,今大会,最も嬉しい瞬間といえるかもしれません。次回・・・詳細をお伝えします。

   →バスケのブログが沢山あります。

|

« 夏休みの練習⑤ | トップページ | 秋田国体企画:審判とバスケットボール(2) »

コメント

準々決勝を観戦しましたが、私も同感です。パンツからランニングが出ている選手が何人もいました。一旦パンツに入れてから引き上げるのが流行っているのかもしれませんが、だらしないと思いました。

初めてのコメントです。
最近、更新がないので気になっていました。
いつも参考にしていますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: BSK | 2007年10月 6日 (土) 12時41分

>BSKさん

コメントありがとうございます。本業が忙しく,アップできずにおりました。今後も出来るかぎり更新に努めますので応援よろしくお願いいたします。

投稿: 問悶 | 2007年10月 6日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの練習⑤ | トップページ | 秋田国体企画:審判とバスケットボール(2) »