« 秋田国体企画:ストレッチについて(2) | トップページ | 秋田国体企画:ディフェンス(2) »

秋田国体企画:ディフェンス(1)

 今国体に参加した少年男子・・・3回戦以上に進出したチームは,ほとんど見ることができました。各チームが試合に臨むときのディフェンスを見ていて気がついたことを紹介します。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 今回,能代工業は一度もオールコートのプレスディフェンスを行いませんでした。『能代工業』と言えば『オールコートゾーンプレス』と返ってくるほどの伝統は,前監督の時代から続いていたはずです。田臥が3年間在籍し9冠を達成したときも,戦術的にはオールコートプレスでした。能代工業のゾーンプレスの仕組みを分析した特集を読んだことは,まだ記憶に新しいものです。

 そんな能代工業は,今大会は一度もオールコートプレスをかけていません(もちろん,点差が広がりメンバー総入れ替えで出てきているときには,オールコートプレスの時間帯がありましたが・・・)。このように能代工業のスタイルが変わったのはなぜでしょう・・・。私なりに考えて答えに達することができました。

   →バスケのブログが沢山あります。

|

« 秋田国体企画:ストレッチについて(2) | トップページ | 秋田国体企画:ディフェンス(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田国体企画:ストレッチについて(2) | トップページ | 秋田国体企画:ディフェンス(2) »