夏休みの練習⑤

 夏休みの1ヶ月間は,投稿回数を増やします。応援よろしくお願いします。

 全国的に小中学生は夏休みとなる頃です。この夏休みに,指導者としては何を教えるべきでしょうか?中学校の部活動運営について考えます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 私が住んでいる東北も梅雨明けし,35度を超える猛暑となっています。指導者として,熱中症に気をつけなければなりません。私は,部員・保護者向けに熱中症予防についての方針を配布しています。

 1 体育館の気温が33度を超えたら練習を終了か中断します。

 2 体育館の湿度が70%を超え,気温が31度に達したら練習を終了か中断します。

 3 必ず水分補給させます。

 4 運動が長く続く場合は15~20分に一度休憩を取り,体温を下げるようにします。

 5 トレーニングの強度は,体力のない者を規準とします。

 6 家庭で体調が悪いと分かっている場合は,練習に参加できる場合であっても,保護者から監督に連絡してください。部員は,聞いても「大丈夫です」と答える場合が多く,もしもの時には大きな事故になります。御協力をお願いします。

 上記のような内容です。これに,バスケットボールにおける熱中症の死亡事例を一緒に配布しております。保護者が,「この部活動なら子どもをあずけても安心だ」と感じるような配慮です。

   →バスケのブログが沢山あります。

| | コメント (1)

夏休みの練習④

 夏休みの1ヶ月間は,投稿回数を増やします。応援よろしくお願いします。

 全国的に小中学生は夏休みとなる頃です。この夏休みに,指導者としては何を教えるべきでしょうか?中学校の部活動運営について考えます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 今年の夏休み・・・私が住んでいる地域は例年になく涼しく過ごしやすい日々です。生徒の集中力も高まる可能性が高いです。私は時々,ランニングの後にいきなり5対5をやったりします。ねらいは,『最後のほうの5対5で頑張ろう・・・』と考え,練習の始めの段階に対する意識が低い部員を一掃することになります。完全にメンタル的(心の準備)なものなのですが,せっかく時間を取れる夏休みに,始めの半分はウォーミングアップ程度に考えられるのが嫌だからです。

 何回かこのようなことをやっておくと,チーム練習のランニングの前に時間を有効に使い,個人的にウォーミングアップをする選手が増えてきます。バスケ好きの子どもたちには,できるだけ身体的にも心理的にもよい状態で練習をスタートさせたいものですね!! 

   →バスケのブログが沢山あります。

| | コメント (0)

夏休みの練習③

 夏休みの1ヶ月間は,投稿回数を増やします。応援よろしくお願いします。

 全国的に小中学生は夏休みとなる頃です。この夏休みに,指導者としては何を教えるべきでしょうか?中学校の部活動運営について考えます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 夏休みに注意したいことは,夏休みの後半に招待試合などがある場合の参加です。目先の試合に惑わされ,個々の技能を高めることに時間をかけずに「突貫工事でチームを作る指導者」を何人も見てきました。チームの練習計画上・・・長い目で見たときに必要のない大会もあると思います。その辺を取捨選択して取り組む姿勢が大事になるでしょう。

 時間が取れる夏休みに練習試合や招待試合の連続させ,結果的にスタートのメンバーだけが練習になり,その他大勢はベンチに座っていただけ・・・という事にはしないようにしたいものです! 

   →バスケのブログが沢山あります。

| | コメント (0)

夏休みの練習②

 殺人的な多忙により,投稿回数が激減しておりました。夏休みの1ヶ月間は,投稿回数を増やします。応援よろしくお願いします。

 全国的に小中学生は夏休みとなる頃です。この夏休みに,指導者としては何を教えるべきでしょうか?中学校の部活動運営について考えます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 夏休みには「細かい点のチェック」に時間をかけるようにしたいと考えます。私の場合は,(1)ボールのもらい方,(2)ストップのしかた,(3)状況判断の3点に力を入れたいと考えています。このことは,もちろん選手にも伝えてあります。重点とする項目・内容は,チームの状態によって変わるでしょう・・・。

 我がチームの場合は,自由気ままにプレイをしてきた選手たちに,バスケットボールの考え方や理論を教え込む期間です。チーム内の約束やルール(と言うよりセオリーとでも言ったらよいのでしょうか)を確認して,より効率の良いバスケットを目指します。広々とした土地を自由に車で走り回っていた人に,街の中を走るための信号や標識を教えるような感じと言えるでしょう・・・。 

   →バスケのブログが沢山あります。

| | コメント (0)

夏休みの練習

 本業が忙しく,なかなか更新できずにおりました。勤務先がやっと夏休みとなりましたので,投稿回数を増やします。応援よろしくお願いします。

 全国的に小中学生は夏休みとなる頃です。この夏休みに,指導者としては何を教えるべきでしょうか?中学校の部活動運営について考えます。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 夏休みに避けたい練習は,いわゆる「走り込み」です。日本の夏は高温多湿で,スポーツに適していません。熱中症の危険もかなり高い状況と言えるでしょう。せっかく練習時間が沢山取れる夏休みなのに,「走り込み」に時間をかけたのでは,「時間がもったいない」と言えるでしょう。

 選手一人一人のスキルアップを目指すべく細かい点をチェックすることが最も良いと考えます。特に,ほとんどの中学校チームでは3年生が抜けて新チームになっています。今まで,ほとんどボールをさわらせてもらえなかった1年生がいるチームもあるでしょう・・・。そのような新チームの選手たちに対し,正しいプレイの基本や考え方を教えたいものです。 

   →バスケのブログが沢山あります。

| | コメント (0)

保護者の願い

 ある中学校バスケットボール部の保護者さんと話をする機会がありました。「試合の勝ち負けよりも,子供たちがだらしなくなっていくことが辛い」というものです。各チームによってレベルの差はあると思いますが,保護者は部活動にどんなことを望んでいるのでしょうか。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。

 保護者が望むことを,これまでに私が接した人たちの会話から総合していきたいと思います。もちろん,チームには地域の強豪校もあるだろうし,そうでないチームもあると思います。ここでは一般的な保護者の考えとして話題を進めていきます。
 一般的な保護者の願いを総合すると,(1)ケガをしないこと(2)子どもが楽しんでいること(3)学校の授業では学べない「規律」や「人間関係」,「頑張る心」「自らを律する心」などを学びとることが挙げられます。
 しかし,やっかいなことに,試合では保護者も熱くなり「勝利してもらいたい」というコメントが増えます

 指導者としては,試合後の祝勝会や反省会で保護者と語り合うことがほとんどですので,保護者からの訴えは「勝利してもらいたい」ということが一番なのだ・・・。と感じてしまうことがあるようです。ここで,先に挙げた(1)(2)(3)を忘れてしまうとどんどん悪循環に陥ります。

→バスケのブログが沢山あります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小・中学校の部活運営(5)

 「小・中学校の部活運営」というテーマで進めて来ましたが,今回でこのテーマは終わりとします。また機会があれば,運営に関わるテーマを取り上げたいと思います。「バスケットボールの指導書」は書店にあふれているのに,「バスケットボール部の運営指導書」は目にしたことがありません。そんな部分に言及してきましたのでよろしければ,これまでのの分(1)~(4)もお読みになって下さい。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 「小・中学生」,「高校生」,「大学生」は『学業』をおろそかにしてはいけません。指導者はそのことに『最大限の配慮』が必要です。学業に配慮できない指導者は『教育者として失格』です。勉強に対する好き嫌いはあると思いますが,勉強の重要性を教えなければなりません

 小・中学校の場合は,社会的にも学校や学力への関心が高まっていますので,「バスケットだけ頑張っていれば良い」というわけにいきません。まれに,「勉強はしなくていいからバスケットを頑張れ」という保護者がいますが,子どもたち・保護者の和が乱れる原因となっている場合が多いようです。バランス感覚が欠如した保護者は指導者にとって悩みの種です。何らかの話し合いは必要となるはずです。

 高校・大学でも同じです。選手の学業に無関心な指導者は「教育者失格」です。もちろん,小・中学生よりは大人ですので『自己責任』の割合が大きいと言えますが,なんの配慮もないのは,「人生の先輩として尊敬できる人」ではありません。

 「勉強」と「部活動」で大変な選手達を,我々大人が「人生の先輩」として,温かい目で見守りながら叱咤激励し育てていかなければなりません。

 余談となりますが,『生徒会活動』とのからみも中学生は問題になります。このことは,後でテーマとして取り上げるつもりですが,「勉強」「部活動」「生徒会活動」と重なってしまった中学生は,大変な苦労・苦痛を強いられています。ここにも配慮が必要となりますね。

 

 →バスケのブログがたくさんあります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小・中学校の部活運営(4)

 「小・中学校の部活運営」というテーマで進めています。よろしければ(1)~(3)の分もお読みになって下さい。「バスケットボールの指導書」は書店にあふれているのに,「バスケットボール部の運営指導書」は目にしたことがありません。そんな部分に言及していくテーマです。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 バスケットボール部における「高校・大学・一般」と「小・中学校」を比較すると,両者に大きな違いが三つあります。今回はその三つ目『ファン』と『保護者』の違いについてです。

 「高校・大学・一般」のチームは,「スタッフ,選手・部員,ファン」から成立しています。ところが「小・中学校」のチームは「スタッフ,選手・部員,保護者」から成立しています。ここで考えなければならないのは,「保護者」=「チームのファン」であるとは限らないということです。「保護者」=「自分の子どものファン」という事は間違いありません。
 スタッフや試合に出ている人から見ると「試合の応援」や「選手の輸送等を含むサポート的な裏方の仕事」は『当然のこと』ととらえています。保護者にしてみると『立場的に仕方なく行う奉仕』や『できればやりたくない仕事』と考えているので,人間関係に溝ができやすい状態と言えます。



 したがって,小・中学校のチームにおいて,自分の子どもが出場するメンバー(特にスタートの5人)の保護者は「我が子のファンであり,チームのファン」と言えますが,試合に出ない(出してもらえない)子どもの保護者は「我が子のファンであるが,チームのファンではない」ことが非常に多いのです。したがって,練習試合や招待試合が増えて試合に出るメンバーが固定化されている状態では,『チームは危機的な状態に近づいている』と指導者は考えていなければなりません。

 ところが,次の試合に向けて頭がいっぱいだったり,勝敗や成果の出来不出来で頭がいっぱいだったりするのです。もっとも,危険なのは「出場メンバーが固定化され,練習試合や招待試合で勝ち進んでいるようなとき」です。指導者は「自分の指導に自信を持ち,これが正しいチームの状態である」と認識してしまいます。その裏で,試合に出られない多くの子どもたちの保護者たちの不満が増大していることを見落としがちなのです。

 よく見かけるのは,祝勝会や反省会など「試合に出た選手個人を誉める」事です。本来は禁句です。試合に出なかった子どもの保護者が快く思いません。また,「これからも御協力お願いします」と監督(教師)が話したときに,試合に出る子の親が「そうだ!保護者もみんなで一致団結して・・・」的な発言をすると,表向きは盛り上がります。しかし,試合に出なかった子どもの保護者が快く思っていないのです。
 つまり「小・中学校」のチームでは「高校・大学・一般」に比べて,『試合に出せない子(子どもの立場では「出してもらえない子」)の保護者』に対する配慮が大変重要なのです。(保護者対保護者)の関係が悪化すると,最終的には双方の保護者からスタッフに対して不満が出されます。高校や大学・一般のチームのスタッフは悩むことのない悩みと言えます。

 私が行った対策をいくつか申し上げますと
(1)なるべく練習試合は組まない。その代わり「合同練習」は多くしました。信頼できる気心知れたチームにお願いし「3分のミニゲームを30本」とか「4分のミニゲームを20本」など・・・「すべての選手が練習試合をやることができたような気持ちにする」のがねらいです。
(2)宿泊を伴うような保護者の経済的負担が必要な招待試合では勝ちに行かない!つまり,すべての選手・部員を試合に出す(理想はだいたい同じ時間ずつ)ように心がけました(もちろん,すべての試合ではありません)。
(3) 普段の練習の質は極力高めるようにしました。へたに練習試合を行うより練習の方が力がつく・・・と,部員や保護者に思ってもらえるようにしました。練習の効率を良くし,ほぼ均等な練習量を保障しました。(教員は人事異動があります。異動後,真っ先に取り組む課題がこれでした。理想の状況になるまでは苦労しますが・・・。)

 クリックをお願いします。バスケのブログがたくさんあります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小・中学校の部活運営(3)

 「小・中学校の部活運営」というテーマで進めています。よろしければ前回・前々回の分もお読みになって下さい。「バスケットボールの指導書」は書店にあふれているのに,「バスケットボール部の運営指導書」は目にしたことがありません。そんな部分に言及していくテーマです。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 バスケットボール部における「高校・大学・一般」と「小・中学校」を比較すると,両者に大きな違いが三つあります。今回はその二つ目『選手・部員』の違いについてです。

 「高校・大学・一般」の選手・部員は自分の力量が分かっています。したがって,そのチームに存在している自分の役割が理解できます。ところが「小・中学校」の選手・部員は「自分も試合に出たい」が最優先されますので,「ベンチでの応援」や「選手をサポートする裏方の仕事」は,『自分の意に反して周囲から強制されるもの』となっています。スタッフや試合に出ている人から見ると「ベンチでの応援」や「選手をサポートする裏方の仕事」は『当然のこと』ととらえています。ベンチに座っている人は『自分の意に反して周囲から強制されるもの』と考えているので,人間関係に溝ができやすい状態と言えます。



 したがって,小・中学校のチームで練習試合や招待試合が増えて試合に出るメンバーが固定化されている状態では,『チームは危機的な状態に近づいている』と指導者は考えていなければなりません。

 ところが,次の試合に向けて頭がいっぱいだったり,勝敗や成果の出来不出来で頭がいっぱいだったりするのです。もっとも,危険なのは「出場メンバーが固定化され,練習試合や招待試合で勝ち進んでいるようなとき」です。指導者は「自分の指導に自信を持ち,これが正しいチームの状態である」と認識してしまいます。その裏で,試合に出られない多くの選手・部員たちの不満が増大していることを見落としがちなのです。
 極限状態になると,指導者や試合に出ているメンバーの「何気ない一言」で発火し爆発があり得ます。
 つまり「小・中学校」のチームでは「高校・大学・一般」に比べて,『試合に出せない子(子どもの立場では「出してもらえない子」)』に対する配慮・優しさが大変重要なのです。この配慮を怠ると,子どもの不満は保護者の不満となり,(子ども対子ども)(保護者対保護者)(子ども対指導者)(保護者対指導者)という同時多発的な問題となり収拾が付かなくなります。

 クリックをお願いします。人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小・中学校の部活運営(2)

 前回から「小・中学校の部活運営」というテーマで進めることにしています。「高校・大学・一般」と「小・中学校」の部活動の違いに着目し,よりよい部活動運営が多くのバスケットボール部で行われることを目指しています。「バスケットボールの指導書」は書店にあふれているのに,「バスケットボール部の運営指導書」は目にしたことがありません。そんな部分に言及していくテーマです。

 このブログは人気blogランキングへ登録していますので,いい内容だと思ったら,クリックして下さい。今後の私の力になります。



 バスケットボール部における「高校・大学・一般」と「小・中学校」を比較すると,両者に大きな違いが三つあると話しました。今回はその一つ目『スタッフ』の違いについてです。

小・中学校の『スタッフ』は主に学校の職員(教員)が中心となっています。小・中学校における教員は,授業の準備・行事の準備・事務処理・会議・突発的な生徒の相談などなど,多忙を極めます。しかも,部活動は勤務時間に含まれておらず「奉仕の心」によって支えられています。学校の事情により,バスケットボールを全く分からない人が担当になっている場合もあります。この点が「高校・大学・一般」のチームと比較したときに大きく違うのです。


 整理しますと
(1)指導に当てる時間が少ない
(2)本来の勤務ではない
(3)バスケットに関する知識があると限らない
 というのが大きな問題です(細かい問題は,他にもたくさんありますが・・・)。部員や保護者は,テレビ等で見るような「高校・大学・一般」のチームを率いる監督を頭の中に描いているので,大きな誤差が生じるのです。それでは,どのように解決していくと良いのでしょうか。



 ポイントは「状況と熱意」を伝えることになると思います。「状況と熱意」を伝えず(または伝えられず),現状を嘆いてばかりいる指導者や,全く意に介せずにどんどん部員や保護者との関係の溝が深まっている指導者が結構多いと感じます。工夫として考えられるのは,練習計画表に「練習計画」「学校行事」以外の「テスト作成校内〆切」とか「職員会議」,「学年の打合わせ」など,表に出せる限りの情報を盛り込ませることです。これにより「今日は何でこないのだ?」とか「監督はいつも来ない」という部員と保護者のストレスを少し緩和できます。その工夫の上で,できる限り練習の場所に顔を出し,子供たちに声をかけ,適切な指導を行うようにします。「子供たちだけでもできる練習メニュー」を工夫し,その部分に関しては責任を持たせることも考えられます。時間がないなりにもバスケットのことを勉強していることが自然に伝えられるようにしたいものです。また,「いや~練習に行けなくて・・・」という言葉はできるだけ使わない方が良いでしょう?
私が良くやったことは「練習メニューの工夫」でした。「監督がいないと100%の力でやる気にはならないと思うけど,70%よりも下には下がらないように頑張ってみてね」と声をかけて取り組ませました。日々の取り組みでの信頼関係構築がとても重要になってきます。

 クリックをお願いします。人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧